実績がなくても信頼性がある記事を書く方法

信頼性が高い記事を書くために必要不可欠な「ある物」を解説していきます。普段、ブログやメルマガの記事を書いていてどうも反応が良くないということはありませんか?

 

訪問者や読者はいるはずなのにクリック率が悪い、反響が少ない。これは記事の信頼性が薄いことが原因のひとつです。

 

もし、大きな実績があれば特に意識をしなくても記事は信用されます。しかし、実績がないうちはなかなか記事は信用されにくい面があります。

 

たとえば、実績があるアフィリエイターと実績がないアフィリエイターが同じことを記事で言っても反応は格段に違うのです。

 

トップアフィリエイターの記事を参考にして記事を書いている方もいると思いますが実績がある人と同じ記事の書き方をしていては反応が上がらないこともあります。では、実績がないうちから信頼性が高い記事は書けないかと言えばそうではありません。

 

実績がないうちから信頼性が高い記事を書くには「ある物」が記事のなかに必要です。そのある物とは、「証拠」。

 

記事で伝えていることが疑いようのない事実だという「証拠」です。どんなに良いことを記事で伝えてもそれを裏付ける「証拠」がなければ机上の空論です。

 

実績がある人なら証拠がなくても信用されますが実績がないうちは証拠がなければ信用されません。ここがトップアフィリエイターの記事を真似ると反応が上がらない原因です。ではどうするかと言うと、証拠を載せるのです。

 

証拠と実績は似ているかもしれませんが、なにも実績が必要と言うわけではないのです。例えば、あるツールを使ってアクセス数が増えたりするだけでも立派な証拠になるのです。

 

このような証拠画像を載せて信頼性を高めてます。証拠があればクリック数も上がります。証拠載せると反応が上がるんだ!と思いません?そういうことです。

 

実績がないうちから信頼性が高い記事を書くなら疑いようがない「証拠」を提示すること。そういう記事を積み重ねていくと「この人は信頼できる人」だと読者さんに認識されるようになるんですね。

 

証拠を提示する。反応が高い記事を書きたいならこれを意識してください。

 

 

コメントを残す