【実例】情報商材アフィリエイトで参考に出来るサイトとおすすめジャンル

私自身、情報商材アフィリエイトで稼ぐ方法となる情報発信をしていますが、情報商材アフィリエイトで稼ぐことはやはり難しいです。ただ、情報商材アフィリエイトでも参入するジャンルを限定することで稼ぐ敷居は大きく下がります。

 

稼ぐ事が出来きているサイトは、アフィリエイト情報商材サイト、FX情報商材サイト、株やせどりなどは本当にライバルが多くいて、アフィリエイト初心者にとっては、なかなか参入することは難しですね。

 

そこで、参入しているジャンルではかなりやり易いだろうと思う実例を挙げていきます。ここで紹介しているのはかなりおすすめが出来る情報なので是非参入して下さい。

 

情報商材アフィリエイトのおすすめジャンル一覧

  • 恋愛
  • アダルト
  • アスペルガー症候群
  • アトピー
  • うつ病
  • パーキンソン病
  • パニック症
  • 不妊症乱
  • 喘息
  • 坐骨神経痛
  • 多汗症
  • 子宮内膜症
  • 強迫性障害
  • 腰痛
  • 視力
  • 逆流性食道炎
  • 高血圧

 

情報商材アフィリエイトで参考に出来るサイト

これらを含めて実際に、サイト展開を行っているサイトは複数ありました。その中でも複数商材を取り揃えていて稼ぐ事が出来ている実際のサイトをサイト上から検索したので紹介しますね。

 

ネット販売の教材マニュアル・DVDのレビュー評価のおすすめ総合サイト!

市場にあるネット販売の教材・DVDのレビュー評価をしているサイトですね。ネット市場にて販売してあるDVD・商材・教材を対象に、スポーツ、病気、生活、趣味、勉強、美容などと多岐に渡ったジャンルの教材を評価・評判からおすすめ一覧として紹介していてアクセス等も多いサイトなので、収益がでていて実際に作成しやすいサイトですね。

 

セックス(SEX)教材マニュアルのランキング・比較の総合専門サイト

セックス(SEX)の上達するテクニックや方法を解説している教材マニュアルのランキング専門サイトになります。それぞれの教材を比較して評価を付けています。また、セックス(SEX)にまつわるテクニック等も幅広く解説していてニッチなジャンル狙ったサイトですね。

 

結局のところ、情報商材アフィリエイトで稼ぐ為に重要な要素は、稼ぐ事が出来るジャンルを選択することが出来るかどうかが一番大きいのは事実です。最初の選択は本当に重要ですので、最初の選択を慎重に行いましょう。

 

実例サイトを参考にして自分にとって何が合うのかをしっかりと判断していきましょう。

 

ツイッター(Twitter)を活用して情報商材をアフィリエイトする唯一の方法

ツイッター(Twitter)は使ったことがある人は多いかと思います。このツイッターというツールを使ったことがない人は、情報商材アフィリエイトを実践しているなら、活用しないと損です。

 

ツイッター(Twitter)でどのように情報商材アフィリエイトを実践していくのかをこの記事では具体的に解説していこうかと思います。

 

メールアドレス(リスト)を取得するため

ツイッターでは、リストを取得するために便利な機能性を持っています。王道的な手法としては、一般ユーザーのようなプロフィールとツイートを繰り返して、自分をフォローしてくれている人を信頼させてから、「実は私は、・・・」のように言い、「その方法を無料で公開しているのです。」と誘導して行ったり、ダイレクトメールにて誘導したり、プロフィール欄からの誘導だったりといろんなバリエーションを行うことが可能になります。

 

リストを集めることができれば、結局のところ、教育していくことにより、ネットビジネスに興味がない人でも、情報商材をアフィリエイトすることができるようになります。

 

ツイッターアフィリエイトで情報商材をしようと思うのでしたら、何より優先すべき事項としては、メールアドレス(リスト)集めになりますね。ただツイッターを利用してアフィリエイトする場合には、前提としてフォロワーを集客しておかないといけません。

 

フォロワーを集めるためには、いろんな方法がありますが、最も有効な手段としては、自分にとって属性が近い人のアカウントを検索してこちらからフォローするのです。そうすることで、フォロー返しをしてもらうことです。これこそが、フォロワー数の確保する方法になります。

 

これを主導でやっていては、時間がかかりすぎますので、自動で複数のアカウントのフォロワーを集めるための、ツイッターツールは情報商材アフィリエイトに限らず、ツイッターアフィリエイトを実践しているのでしたら、必須のツールと言えますね。

 

フォロワー集めの為に

ただ、ツイッターツールは市場にたくさん発売されているので、下記のサイトのようにしっかりと情報が専門的にまとめられているサイトを参考にする必要はあります。しっかりと自分にとってどの機能が優先的に必要なのか、失敗しないツール選定が重要になりますね。

 

Twitter(ツイッター)アフィリエイトツールのランキング&比較専門サイト

スクリーンショット 2017-01-17 15.00.15

ツイッターツールやツイッターアフィリエイトの情報が専門的にまとめられている情報発信サイトになります。

 

無料レポート配るだけで稼げてしまう驚異的な方法

無料レポートにはダウンロードが伸びやすい属性と伸びにくい属性があるということ。メルぞうのランキングなどを参考にしてどの属性がダウンロードが伸びやすいのかを把握しておくといいでしょうね。

 

これは無料レポートを発行する場合もそうですし紹介する場合も同じくです。ただ、メルマガや無料レポートに興味がある人をメルマガ読者として集めたいという場合もあるでしょう。

 

こういう場合は、やり方次第でどうにでもなります。例えば、私がやった方法を紹介するとレポートには、テンプレートのプレゼントがついてます。このようにレポート内にプレゼントを用意しておいてそのプレゼントを入手するときにアドレスを取得します。もちろんオプトインとってね。

 

この方法なら、メルぞうアカウント持っている人のアドレスも取得できます。プレゼントをメルマガや無料レポート関連にすればその属性のリストを集めれるということです。

 

これなら無料レポートを直ダウンロードで配ったとしてもリスト取れます。これ知っている人はガンガン使っている方法です。やっていない人は損していると言ってもいいくらい。

 

しかも、私の場合は再配布権をつけてテンプレート配ってます。テンプレートを自分の特典として配布できるわけですから、やっぱり欲しいですよね?で、特典として配布してもらう場合もリストを取得しています。

 

その結果、ほったらかしでリスト集まっていきます。で、ほったらかしでリストが集まるわけですからそこにステップメールでも組んでおけば。はい、自動で稼ぐ仕組みの完成です。無料レポート配るだけで稼げてしまう。
こんな素敵な仕組みを紹介してもやらない人がほとんどなので完全にやったもの勝ちです。

 

まとめ

  • 無料レポートにはダウンロードが伸びにくい属性と伸びやすい属性がある
  • レポート内にプレゼントを用意しリストを取得すれば集めにくい属性の読者も集められる。
  • プレゼントに再配布権つければほったらかしでもリストが集まってくる
  • ステップメールを使えば自動で稼ぐ仕組みの完成!

売れる情報商材と売れない情報商材を判断する方法

情報商材アフィリエイトで稼ぐうえでなんと言っても重要になってくるのが「売れる情報商材の選定」です。いくら戦略を練って紹介したとしてもそれが売れない情報商材であれば思うように稼げません。

 

まったく稼げないとまでは言いませんが労力を使うわりに大きくは稼げません。どうせ同じ労力なら売れる情報商材を紹介したほうがより大きな成果を生み出すことができます。

 

で、売れる情報商材には内容が良いは当然としてセールスレターがうまいや販売者さんにブランドがあるなどいろいろな条件があります。

 

その売れる情報商材の条件の中で一番重要となってくるのは自分のメルマガやブログを読んでいる人がその情報商材に興味があるか?という部分。どんなに優良な情報商材であっても興味がない人に紹介したところで売れにくい。興味がある人に商品を紹介する。

 

これは稼ぐうえでは鉄則ですね。ある程度は、媒体の属性によってどんな事に興味があるか?ということがわかると思いますがさらに、興味がある分野を絞るために必要なことが「リサーチ」です。

 

紹介しようとしている情報商材にどれくらいの人が興味があるかを紹介する前に調べておくということです。
どうやって調べるかというと、王道的な手法としては「無料レポートの紹介」です。紹介しようと思っている情報商材に関連する無料レポートを紹介してクリック数を解析します。

 

例えば、ブログのアクセスアップに関する情報商材を紹介しようと思う場合。情報商材を紹介する前にブログのアクセスアップに関する無料レポートを紹介します。

 

これでクリック数が多ければ「ブログのアクセスを増やしたい」と思っている人が多いということです。ということは、ブログのアクセスアップ商材を紹介しても興味を持つ人が多く売れやすいということがわかります。

 

こういったリサーチを紹介前にやっておくと売れる情報商材と売れない情報商材を見極めることができます。

 

情報商材を仕入れる前にやっておけば無駄な売れにくい情報商材を仕入れなくても済みます。つまり、こういったリサーチをやっておけば失敗しようがありません。